潤腰の成分による効果

どうして潤腰は効果あるのか?成分を分析

潤腰成分と効果

 

足腰の調子が悪い人や、活動的な人生を送りたい人に人気のある「潤腰」。

 

プロテオグリカンを高配合していて人気高いです。
大関・琴奨菊関も愛用しています。

 

そんな潤腰ですが、実際に効果はあるのでしょうか?

 

 

 

 

「潤腰が効果あり」を成分から説明します

潤腰が効果的な理由は以下の通りです。

 

  • 軟骨成分「プロテオグリカン」が高配合されている。
  • 軟骨成分以外に筋肉成分や頑丈成分、和らぎ成分が配合されている。

 

 

軟骨成分「プロテオグリカン」を高配合している

関節痛

 

軟骨は、脊椎動物の支持組織です。
結合組織とも言い、体の各器官の隙間を埋めたり、身体を支えたり、体の部位の形を維持する役割があります。

 

また軟骨は、関節がある骨の先端を覆っています。
滑りやすくなっているので、関節がスムーズに動きますし、衝撃を吸収するクッション的な働きもします。

 

 

こんな軟骨の中でも主役級の働きをするのは、軟骨を構成する成分の一つであるプロテオグリカンです。
高い保水力をもって軟骨内の水分を保持するので、衝撃から軟骨を守ります。

 

だからプロテオグリカンを健康食品として補充する潤腰は、足腰などの関節ケアで効果を期待することができるのです。
1日分(4粒)には約200mgも配合されていますが、他社に比べ物にならない配合量です。

配合量比較

 

 

軟骨成分以外に筋肉成分や頑丈成分、和らぎ成分が配合されている

公式サイトとは、違うことを書いていますので、参考にしてもらえばと思います。

 

 

和らぎ成分のオオイタドリ

オオイタドリ

「大痛取」とも書きます。
昔から重宝されてきた薬用植物で、北海道地方のアイヌ民族がケガなどの痛め止めとして利用したそうです。

 

「しなやかさ」をサポートします。

 

 

筋肉成分のクレアチン

クレアチン

クレアチンは、アミノ酸の一種で体内で合成され、クレアチンリン酸として筋肉にあります。
クレアチンリン酸は、筋肉が収縮するときに活躍します。

 

クレアチンは、運動パフォーマンスを向上させる効果に期待できます。

 

 

頑丈成分のコラーゲン

コラーゲン

コラーゲンと言えば、タンパク質の一種で、化粧品をイメージしますよね。
実はコラーゲンは皮膚だけでなく、骨や軟骨にも約20%も存在しています。
お肌のハリだけでなく、骨のしなやかさや関節の滑らかな動きなどもサポートしています。

 

骨や軟骨のコラーゲンはクッションのような働きもします。

 

 

サポート成分のグルコサミン

グルコサミン

グルコサミンも軟骨成分の一つですね。
関節のクッション的な働きをします。
他の成分と同様に加齢で生成量がどんどん減っていくので、外部から補充するしかないのです。

 

グルコサミンが不足すると、関節の痛みや炎症が起きやすくなると言われています。

 

 

 

潤腰は、成分として効果するのか?

潤腰は、足腰の関節などに必要な5つの成分を配合したサプリメントです。
健康食品です。

潤腰の5つの成分